企業探し、業界情報などフィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの製造業界のことなら「PLECOMM 製造業検索WEB」!

羽田浩二 在比日本大使 ご挨拶

日本大使挨拶

ポテンシャルの高いフィリピンにおける日本の製造業

皆さんはフィリピンについてどのような印象をお持ちでしょうか?もしかしたら危険で,汚職の横行する途上国といった印象をお持ちかもしれません。もし,そうであれば是非今のフィリピンをよく知っていただきたいと思います。

新型コロナ危機の直前まで,フィリピンは,年約6〜7%の経済成長を続け,海外への出稼ぎ労働者からの豊富な送金や台頭してきている中間層による活発な消費に支えられて,経済は大変堅調でした。その成長のポテンシャルは今も変わっていません。また,人口もすでに1億人を超え,今後も人口ボーナスが続くことが見込まれており,さらに,強いリーダーシップを発揮しているドゥテルテ大統領により治安は劇的に改善しており,前述のような印象は過去のものになっています。また,親日的で日本への信頼度という点でもASEAN諸国の中で随一と言えます。これから製造業に焦点を当てた,その具体的な魅力についてご紹介します。

 

 

1. 安価で豊富な労働力、少ない労働争議
フィリピンは,日本の半分の24歳という平均年齢を誇り若者が大変多い国です。そして,フィリピン人は,その多くが,なまりの少ない英語を話し,ホスピタリティ高く,大変明るい性格の持ち主です。多国籍企業の多くのコールセンターがフィリピンに設けられておりますが,これは相手の言うことを我慢強く聞き取ってくれ,親切に説明できるフィリピン人だからこそです。その上で,労働者の賃金上昇圧力はインドネシアやベトナムより低く,労働争議も少なく,製造業にとって大変魅力的です。私も多くの工場や現場を見てまいりましたが,単純作業やこまかい緻密な作業であっても根気強く黙々と行い,笑顔で挨拶をしてくるフィリピン人労働者を数多く見てきました。

2. 信頼の厚い日本企業、そして、EPA(経済連携協定)のバックアップ
フィリピンにはすでに約1,500社の日本企業が進出しておりますが,その大半は製造業です。日本の製造業は巨額の投資を行い工場や装置を設置し,雇用を生み,技術移転を進めながら,フィリピンにおけるものづくりをリードしています。また,日本とフィリピンの間にはEPA(経済連携協定)があり,投資や貿易を下支えしています。日本はフィリピンに対するナンバーワン・インベスターであり,貿易量も常に上位です。この長年の貢献実績から,日本企業はフィリピン企業からビジネスパートナーとして,また,コンプライアンス意識も非常に高いことからフィリピン行政府からも厚い信頼を受けています。

さらに,フィリピンは日本との間だけでなく,中国,韓国,インド,豪州,ASEAN諸国との間にも同様にFTA(自由貿易協定)があります。また,フィリピンは米国やEU諸国との間でGSP(特恵関税制度)があることから,世界の巨大市場に対してゼロ又は低関税で製品を輸出することが可能です。

3. 製造業の心強い味方 ーPEZA(フィリピン経済特区庁)ー

フィリピンに限らずどこの国でも,行政機関との間の諸手続きはビジネスを行うために必要ではありますが,しばしば時間がかかったり,不透明であったりといったケースがあろうかと思います。ここフィリピンでは,政府機関の一つであるPEZA(Philippines Economic Zone Authority)が行政手続きをワンストップで代行してくれます。また,日々のビジネスにおける諸問題も真摯に相談にのってくれます。PEZAはNo Red Tape(官僚主義的でない)で24時間365日のサービス提供をモットーにしており,実際にそのとおりに実行してくれています。PEZAが発足した1998年以降,20年以上にわたり約1,500社の日本企業のうち実に900社を超える企業がこのPEZAとともに日々ビジネスを行っております。

4. 汚職を許さない大統領
ドゥテルテ大統領は時に自由奔放な言動をとると思われがちですが,実際は強力なリーダーシップを発揮し,治安の改善,貧困・汚職の撲滅,経済発展に真剣に取り組んでいるリーダーです。大統領就任以降,治安は劇的に改善し,貧困率も減少,そして,何よりも汚職に対して非常に厳しいスタンスをとっています。大統領に会うたびごとに,「自分は絶対に汚職を許さない,汚職があれば即座に自分に教えてほしい」と言われます。そして,口だけではなく実際に,警察のトップを更迭するなど有言実行の国家運営を徹底しています。

 

 

このように,豊富かつ有望な人材,投資・貿易・ビジネス支援制度,強力なリーダーシップによって,現在のフィリピンは昔の印象を払拭しており,将来有望な国といえます。新型コロナ危機が契機となって,企業のサプライチェーンの再構築が進む中で,フィリピンを含む各国が生産拠点獲得競争をしています。そのような中で,ぜひ,このポテンシャルの高いフィリピンに目を向けていただき,日本やフィリピン,そして,世界に貢献できる製造業ビジネスをご検討ください。日本大使館としてもしっかりでサポートさせていただきます。

 


フィリピン共和国駐箚特命全権大使 羽田 浩二

お問い合せ

社名
氏名
電話
メールアドレス (必須)
住所
お問合せ内容
この利用規約(以下,「本規約」といいます。)は,Plecome Media Inc.(以下,「当社」といいます。)がこのウェブサイト上で提供するサービス(以下,「本サービス」といいます。)の利用条件を定めるものです。登録ユーザーの皆さま(以下,「ユーザー」といいます。)には,本規約に従って,本サービスをご利用いただきます。 第1条(適用) 1. 本規約は,ユーザーと当社との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されるものとします。 2. 当社は本サービスに関し,本規約のほか,ご利用にあたってのルール等,各種の定め(以下,「個別規定」といいます。)をすることがあります。これら個別規定はその名称のいかんに関わらず,本規約の一部を構成するものとします。 3. 本規約の規定が前条の個別規定の規定と矛盾する場合には,個別規定において特段の定めなき限り,個別規定の規定が優先されるものとします。 第2条(利用登録) 1. 本サービスにおいては,登録希望者が本規約に同意の上,当社の定める方法によって利用登録を申請し,当社がこれを承認することによって,利用登録が完了するものとします。 2. 当社は,利用登録の申請者に以下の事由があると判断した場合,利用登録の申請を承認しないことがあり,その理由については一切の開示義務を負わないものとします。  a) 利用登録の申請に際して虚偽の事項を届け出た場合  b) 本規約に違反したことがある者からの申請である場合  c) その他,当社が利用登録を相当でないと判断した場合 第3条(ユーザーIDおよびパスワードの管理) 1. ユーザーは,自己の責任において,本サービスのユーザーIDおよびパスワードを適切に管理するものとします。 2. ユーザーは,いかなる場合にも,ユーザーIDおよびパスワードを第三者に譲渡または貸与し,もしくは第三者と共用することはできません。当社は,ユーザーIDとパスワードの組み合わせが登録情報と一致してログインされた場合には,そのユーザーIDを登録しているユーザー自身による利用とみなします。 3. ユーザーID及びパスワードが第三者によって使用されたことによって生じた損害は,当社に故意又は重大な過失がある場合を除き,当社は一切の責任を負わないものとします。 第4条(利用料金および支払方法) 1. ユーザーは,本サービスの有料部分の対価として,当社が別途定め,本ウェブサイトに表示する利用料金を,当社が指定する方法により支払うものとします。 2. ユーザーが利用料金の支払を遅滞した場合には,ユーザーは年14.6%の割合による遅延損害金を支払うものとします。 第5条(禁止事項) ユーザーは,本サービスの利用にあたり,以下の行為をしてはなりません。  a) 法令または公序良俗に違反する行為  b) 犯罪行為に関連する行為  c) 本サービスの内容等,本サービスに含まれる著作権,商標権ほか知的財産権を侵害する行為  d) 当社,ほかのユーザー,またはその他第三者のサーバーまたはネットワークの機能を破壊したり,妨害したりする行為  e) 本サービスによって得られた情報を商業的に利用する行為  f) 当社のサービスの運営を妨害するおそれのある行為  g) 不正アクセスをし,またはこれを試みる行為  h) 他のユーザーに関する個人情報等を収集または蓄積する行為  i) 不正な目的を持って本サービスを利用する行為  j) 本サービスの他のユーザーまたはその他の第三者に不利益,損害,不快感を与える行為  k) 他のユーザーに成りすます行為  l) 当社が許諾しない本サービス上での宣伝,広告,勧誘,または営業行為  m) 当社のサービスに関連して,反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為  n) その他,当社が不適切と判断する行為 第6条(本サービスの提供の停止等) 1. 当社は,以下のいずれかの事由があると判断した場合,ユーザーに事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。  a) 本サービスにかかるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合  b) 地震,落雷,火災,停電または天災などの不可抗力により,本サービスの提供が困難となった場合  c) コンピュータまたは通信回線等が事故により停止した場合  d) その他,当社が本サービスの提供が困難と判断した場合 2. 当社は,本サービスの提供の停止または中断により,ユーザーまたは第三者が被ったいかなる不利益または損害についても,一切の責任を負わないものとします。 第7条(利用制限および登録抹消) 2. 当社は,ユーザーが以下のいずれかに該当する場合には,事前の通知なく,ユーザーに対して,本サービスの全部もしくは一部の利用を制限し,またはユーザーとしての登録を抹消することができるものとします。  a) 本規約のいずれかの条項に違反した場合  b) 登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合  c) 料金等の支払債務の不履行があった場合  d) 当社からの連絡に対し,一定期間返答がない場合  e) 本サービスについて,最終の利用から一定期間利用がない場合  f) その他,当社が本サービスの利用を適当でないと判断した場合 2. 当社は,本条に基づき当社が行った行為によりユーザーに生じた損害について,一切の責任を負いません。 第8条(退会) ユーザーは,当社の定める退会手続により,本サービスから退会できるものとします。 第9条(保証の否認および免責事項) 1. 当社は,本サービスに事実上または法律上の瑕疵(安全性,信頼性,正確性,完全性,有効性,特定の目的への適合性,セキュリティなどに関する欠陥,エラーやバグ,権利侵害などを含みます。)がないことを明示的にも黙示的にも保証しておりません。 2. 当社は,本サービスに起因してユーザーに生じたあらゆる損害について一切の責任を負いません。ただし,本サービスに関する当社とユーザーとの間の契約(本規約を含みます。)が消費者契約法に定める消費者契約となる場合,この免責規定は適用されません。 3. 前項ただし書に定める場合であっても,当社は,当社の過失(重過失を除きます。)による債務不履行または不法行為によりユーザーに生じた損害のうち特別な事情から生じた損害(当社またはユーザーが損害発生につき予見し,または予見し得た場合を含みます。)について一切の責任を負いません。また,当社の過失(重過失を除きます。)による債務不履行または不法行為によりユーザーに生じた損害の賠償は,ユーザーから当該損害が発生した月に受領した利用料の額を上限とします。 4. 当社は,本サービスに関して,ユーザーと他のユーザーまたは第三者との間において生じた取引,連絡または紛争等について一切責任を負いません。 第10条(サービス内容の変更等) 当社は,ユーザーに通知することなく,本サービスの内容を変更しまたは本サービスの提供を中止することができるものとし,これによってユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。 第11条(利用規約の変更) 当社は,必要と判断した場合には,ユーザーに通知することなくいつでも本規約を変更することができるものとします。なお,本規約の変更後,本サービスの利用を開始した場合には,当該ユーザーは変更後の規約に同意したものとみなします。 第12条(個人情報の取扱い) 当社は,本サービスの利用によって取得する個人情報については,当社「プライバシーポリシー」に従い適切に取り扱うものとします。 第13条(通知または連絡) ユーザーと当社との間の通知または連絡は,当社の定める方法によって行うものとします。当社は,ユーザーから,当社が別途定める方式に従った変更届け出がない限り,現在登録されている連絡先が有効なものとみなして当該連絡先へ通知または連絡を行い,これらは,発信時にユーザーへ到達したものとみなします。 第14条(権利義務の譲渡の禁止) ユーザーは,当社の書面による事前の承諾なく,利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務を第三者に譲渡し,または担保に供することはできません。 第15条(準拠法・裁判管轄) 1. 本規約の解釈にあたっては,日本法を準拠法とします。 2. 本サービスに関して紛争が生じた場合には,当社の本店所在地を管轄する裁判所を専属的合意管轄とします。
Translate »